KUROMIYA CONSTRUCTION GROUP
 
         


住宅の梁部分に高強度テクノビームを使用した新しい木造軸組工法です。
在来軸組工法の持つ長所はそのままに、強度・自由度をアップさせ、より高水準な住まいを実現します。

軽量鉄骨H形鋼を芯材に、上下を集成材で挟んだ鉄骨複合梁。その強さはH形鋼と同じサイズの木製梁と比べて、曲げ強度が約3倍、荷重に対するたわみ量は1/4以下という優れた性能を誇ります。
 

 
 
 
 
 
 
  テクノストラクチャーによる実物大の住宅を、巨大な振動台にかける「実大振動実験」を実施したところ、阪神大震災と同等の震度7でも構造体の損傷・変形はなく、5回の激震にも十分耐える構造強度であることが確認されました。   テクノストラクチャーなら、最大間口約5mの大空間や、大きな開口部、さらに天井高は1・2階共最大約2.8mまで可能に。下に柱を出さずに奥行き約1.8mのバルコニーもつくれ、空間活用の幅もグッと広がります。  
         
 
 
 
 
 
 
  耐力壁以外の間仕切り壁はフリーウォールで、設置位置が自由。思い通りの間取りやリフォームへの対応も容易です。変形敷地に柔軟に対応したプランも、構造的な不安を解消しながら実現できます。   床・壁・天井それぞれに施した最適な断熱設計により、住まいは快適に。夏の外気温の侵入を防ぎ、冬の暖かな室温を逃がしにくい構造なので、冷暖房費も節約できます。  

NAiSテクノストラクチャー
Panasonic Living SHOWROOM
アイハウズプラン「i-HOW'S PLAN」
わが家、見なおし隊。

 
Copyright (C) 2005- KUROMIYA CONSTRUCTION GROUP Corporation. All Rights Reserved.