BLOG
黒宮建設 > 黒宮建設|建築 > 木造住宅密集地域に地震・火災で甚大な被害の可能性~リスク抑える知恵と工夫

木造住宅密集地域に地震・火災で甚大な被害の可能性~リスク抑える知恵と工夫

黒宮建設です

能登半島地震では、建物が密集している地域で大きな被害がありました。
名古屋でも地震や火災の際に被害が心配される木造住宅密集地域があります。

名古屋市内には市が指定した「木造住宅密集地域」が11箇所あります。

その中には弊社のある瑞穂区の御劔地区は約2500軒の住宅があり、古くからの住宅が並び、高齢化も進んでいる地域です。

この地域での心配される被害についてのニュース番組が昨日放送されました。


このような地域では解体の費用の一部を補助する助成金やブロック塀を撤去する場合の費用に一部を補助する助成金などがあります。

住まいの夢は私たち 黒宮建設にご相談ください